お父さんと自撮り棒

お父さんと自撮り棒

どうも、ゆうじです。

先日、ふと自撮り棒を買いました。英語ではSelfie Stickです。

自撮り棒を見かけ始めた頃は、若い女性が使うものというイメージで、正直、なんかみっともない、そんなに自分が撮りたいのか、と批判的に見ていました。

でも買ってみると、これがとても便利。

家族で出かけて、カメラやスマホで写真をバシバシ撮っても、結局家族皆で映っている写真が全然ない、ということはよくあるし、かといって、カメラ用の三脚は重いし、かさばります。あと、スマホを持ったまま自撮りしても、腕が映り込んで、微妙です。

そんな時に、自撮り棒なら、縮めればポケットに入るくらいコンパクトで持ち運びは楽チン。また多くは、シャッターリモコンも付いていて、Bluetoothで簡単にスマホと連携できます。それから、脚を広げて三脚のように使えるものも多いです。

Amazonで買った時、あまりに色々種類があるので悩みましたが、

  1. 購入者が多く評価が高い。
  2. リモコンあり
  3. 三脚機能あり

という基準で探したのはこちら。

類似品より少し高めですが、しっかりした作りで、使用時も安定感あります。

気がつけば、自分が全く写真に写ってなく、ちょっと寂しい思いをしているお父さんにオススメです。

自撮り棒で思い出しましたが、地鶏ってJidori Chickenというように英語でそのまま使われているんですよね。スーパーやレストランでよく見かけます。

地鶏って、日本では厳密に定義が決まっていて、そもそも日本産でなければいけないので、Jidoriはその定義は満たしていないと思いますが。。。あー、焼き鳥食べたくなってきた。

**********************************************************
最後まで記事を読んで頂き、ありがとうございます。今後とも、皆さまのご興味、ご関心に沿った記事を書いて行きたいと思っております。
そのリサーチも兼ねておりますので、記事を気に入って頂けたら、下記応援クリックを「ポチッとな」頂けると嬉しいです。By ゆうじ
ロサンゼルスランキング にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。