カリフォルニアのディズニーランド①:蘇ったサーキット?

カリフォルニアのディズニーランド①:蘇ったサーキット?

ゆうじです。

カリフォルニアにはアナハイムという場所に「ディズニーランド・パーク」と「ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パーク」の2つのパークがあります。

閑散期となる1月から5月には南カリフォルニア住人向けに、お得なチケット(SoCal Resident Ticket)が販売されます。3日分のチケットで、いくつか種類がありますが、最安のものは$179。

1日あたり$60と、通常軽く$100することを考えれば、かなりお得なチケットです。

ということで今年はこれを買って、集中的にディズニーを攻めることに致しました。

(このチケットのオフィシャルサイトはこちら)

https://disneyland.disney.go.com/offers-discounts/southern-california-tickets/

作戦として日曜の中では最も空いているのでは?と思われるSuper Bowl Sunday(今年は2/3)を狙っていたのですが、悪天候に加え、用事もあったので断念。その次の日曜日を次のターゲットに定めました。

天気予報はまたも雨。しかし、さほど激しくなさそうなので、傘とポンチョを装備して「ディズニーランド」に突撃しました。(傘は列に並びながら開くと他の人の迷惑になったり、邪魔な場面もありますが、ポンチョは必須アイテムです!足が濡れるとやる気激減風邪引くリスク激増↑なので防水の靴か長靴も!)

アドベンチャー・パークは一度行っていますが、ディズニーランド・パークは初めて。

結果として全般に待ち時間がかなり短く、雨でも楽しい1日になりましたが、このブログでは、私的にツボだったところに絞って幾つか紹介したいと思います。

まず、一番嬉しかったのは、日本のディズニーランドで子供達の「車を運転したい」という夢に応え続け、全国のちびっ子や元ちびっ子に惜しまれながら、2017年1月にその姿を消したあの「グランド・サーキットレースウェイ」があるではないですか!

私も小さい頃から何度も乗り、自分の子供とも一緒にも乗った大好きなアトラクションでした。

カリフォルニアでのアトラクションの名前は「AUTOPIA」。車のオートと、ユートピアを掛け合わせてるわけですね。ちなみにスポンサーはHONDA。さすが、わかってらっしゃる!

こちらはオフィシャルサイトより。

目にした時は、タイムスリップしたような不思議な気分でした。

アトラクション内に足を進めると、デジャブ感が高まります。

ペダルを踏み込むと前に進む仕組み、車輪の間にレールがあるので、ガツンガツンとレールに当たりながら進む感覚や、燃料の油っぽい匂い、何もかもが懐かしい。。。

こちらは別のアトラクション(というか間違えてホテル行きのモノレールに乗って、園外に連行された)から見えた光景。さりげなくホンダジェットの予算抑え気味の宣伝もありました。

ということで、家族とは違うポイントで大興奮のお父さんでした。続く。

**********************************************************
最後まで記事を読んで頂き、ありがとうございます。今後とも、皆さまのご興味、ご関心に沿った記事を書いて行きたいと思っております。
そのリサーチも兼ねておりますので、記事を気に入って頂けたら、下記応援クリックを「ポチッとな」頂けると嬉しいです。By ゆうじ
ロサンゼルスランキング にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。