ロサンゼルスは子供のゴルフ天国?

ロサンゼルスは子供のゴルフ天国?

どうも、ゆうじです。

ロサンゼルスに来て、まず驚いたのは、ゴルフ場がそこらじゅうにあること、そしてPublic、つまり自治体が保有しているゴルフ場も多いことです。

Los Angeles City GolfというLA 市が管轄する団体のサイトで見るだけでも、こんなにあります。

18ホールのコースが7箇所、9ホールが3箇所、Par-3のコースが2箇所!

ロサンゼルスのどこに住んでいても、30分車を走らせれば、どこかしらのPublicのゴルフ場にたどり着く、そんなイメージではないでしょうか。そしてGreen Fee(料金)も、18ホールで30−40ドル程度と、かなりリーズナブル。

週末に早起きして、都内から他県へと車を走らせ、丸一日の時間と、数万円を費やす日本のゴルフとは全く違う楽しみ方になります。

と言っても、ワタクシ自身は元々、ビジネスパーソンとしてゴルフはほとんどやりません。

今回紹介したいのは、子供の視点でのゴルフ。

アメリカでは日本同様、子供に様々な習い事をさせますが、LAではゴルフも結構ポピュラーです。

そして、Public主催のものであれば、費用もかなりお手頃です。

子供の頃からゴルフに親しませ、プレーヤーの裾野を広げ、トップ選手を輩出し、ゴルフを商業的に盛り上げていこう、という戦略なのでしょうか。

我が家が実際に行ってみたのは、Griffith ParkにあるTregnan Golf Academy

ここは、子供のゴルフレッスンのために作られた、Publicのゴルフ練習場及び3ホール、Par3のミニコースです。

 

5歳から受講できるグループレッスンがレベル毎にいくつかあり、また、週末には、親子で習えるグループレッスンも開催されています。

我が家は、まず、グループレッスンを何度か受けましたが、全5回、親子で$70という安さ。ちょっと遠いのが難点ですが、この値段なら移動も苦になりません。

パター練習場、ドライビングレンジでの基本レクチャーを経て、ミニコース上でアプローチを学び、最終回にミニコースを回る、というレッスンです。

コーチはベテランのおっちゃん達(ドナルドダックのモノマネがやたらと上手い人がいます)ですが、ごく基本的な指導しか無く、しかも5、6組が参加するグループレッスンなので、大人にしてみたら、物足りないかもしれませんが、一番大事な、安全面の指導はしっかりしてますし、子供がゴルフに親しむきっかけとしては、とても良かったと思います。

日本のように、ゴルフが「お父さんが週末に家族を置き去りにして、一人だけ出掛けていくもの」ではなく、「家族皆で楽しむレジャー」として取り組んでいけたら、と思っています。

日本から持ってきたオススメゴルフ本。

 

 

**********************************************************
最後まで記事を読んで頂き、ありがとうございます。今後とも、皆さまのご興味、ご関心に沿った記事を書いて行きたいと思っております。
そのリサーチも兼ねておりますので、記事を気に入って頂けたら、下記応援クリックを「ポチッとな」頂けると嬉しいです。By ゆうじ
ロサンゼルスランキング にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ にほんブログ村