お得なワインの仕入先(その1:Trader Joe’s)

お得なワインの仕入先(その1:Trader Joe’s)

どうも、ゆうじです。

ワタクシ、ワインが好きなのですが、専門店に足繁く通うほどこだわりがあるわけではなく、カリフォルニアのワインで安くて美味しいもの、であれば何でも良いので、普段はスーパーで調達しています。

お気に入りのお店はTrader Joe’s(トレジョー)とCOSTCO(コスコ)です。

まず、今回ご紹介するのは、トレジョーですが、全体的に安い品揃え、という印象。プレゼント用にちょっといいワインを買おう思っていくと、選択肢が少なくて困ることがあるほどです。

その安さピラミッドに君臨するのが、Charles Shaw。なんと1本$2.99。しかも、数年前まで$1.99だったというから、さらに驚き。

写真の通り赤、白、ロゼがあり、品種もメジャーなものは一通り揃っています。

この値段だけに、味に関して好みは分かれるようですが、ワタクシは気軽に飲むワインとしてなら全く問題ないと思います。

一度、Charles Shawと、$20くらいの同品種のワインで「利きワイン」をしてみたいと思っています。

ちなみに、Charles Shawは人名で、Napa Valleyのワイナリーの経営者だった人物ですが、そのワイナリーは90年代に倒産して、ブランド=Charles Shawという名前を別のワイナリー(Fred Franzia of Bronco Wine Company )が$18,000ほどで買取り、やがてFred Franziaがトレジョー向けに作ったワインの商品名になった、という経緯があるそうです。

ものすごく売れているワインなのに、Charles Shaw氏にはお金が入らず、ご本人は複雑な思いでいるようですね。

Charles氏はその後、ミシガン州で新たなワイナリーを始めたようですが、そのワイナリーのWebサイトはもう無く、今どこで、どうしているのか、気になります。今晩は、Chrles ShawのPinot grigioを飲みながら、思いを馳せようと思います。

参考記事:

https://winecast.net/2012/02/04/charles-shaw-what-a-long-strange-trip-its-been/

って、話のポイントがずれてしまいましたが、次回、COSTCOを取り上げます。

ワシにもちょっと儲けを分けてよ〜、な左手?

 

 

**********************************************************
最後まで記事を読んで頂き、ありがとうございます。今後とも、皆さまのご興味、ご関心に沿った記事を書いて行きたいと思っております。
そのリサーチも兼ねておりますので、記事を気に入って頂けたら、下記応援クリックを「ポチッとな」頂けると嬉しいです。By ゆうじ
ロサンゼルスランキング にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ にほんブログ村