朝の挨拶問題(その2)

朝の挨拶問題(その2)

“Good morning,Yuji. How are you?”

という朝のお決まりの挨拶に対して、

“I am fine. Thank you. And you?”

という中学1年生の教科書の最初に習った表現が、反射的に出てしまいがちなのですが、渡米してしばらくして、気づいたのは、アメリカ人がfineという言葉で答えるのを、まずもって聞かないということ。

fineとは「まあ大丈夫です」という、やや含みのある表現なので、ポジティブな返事としては使われないようです。

一方で、よく聞く返事は、”Great!” や”I am good”です。

Fineが口から出ないようにするのも訓練が必要で、刷り込みって厄介だなあと思う次第ですが、実は、もっと難しいのは、そのあと。”And you?” の部分。

すれ違いざまの挨拶で、How are you?に答えたあと、即座に相手に聞き返す。その心と口と舌の余裕がなかなか無いのです。

結果、会話は、自分が答えるだけの、一方通行。

なんだか、相手に関心の無い横柄な奴になったみたい。これではまずいと、再び、アメリカ人のやり取りを観察。

そして、同僚から盗んだ一つのテクニックは、”Yourself?”という聞き方。一語なので言いやすいです。

つまり、”How are you?”に対して、”Good. Yourself?”という感じで返すのです。

すると、相手は、”I am great.”などと、答え、これで会話が完結したという安心感が得られます。この間のスピード感は2−3秒。なんだか、朝から疲れます。

しかし、月曜日になると、”How was weekend?”なんていう変化球も出てきたりして、挨拶の悩みは尽きません。。。

 

**********************************************************
最後まで記事を読んで頂き、ありがとうございます。今後とも、皆さまのご興味、ご関心に沿った記事を書いて行きたいと思っております。
そのリサーチも兼ねておりますので、記事を気に入って頂けたら、下記応援クリックを「ポチッとな」頂けると嬉しいです。By ゆうじ
ロサンゼルスランキング にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ にほんブログ村