Year BookとCheese

Year BookとCheese

こんばんは。ゆうじです。

アメリカの学校では、1年の様々なイベントや各クラスのメンバーの写真を1冊の本にしたYear Boookというものが毎年、作成され、全校生徒に販売されます。

作成のために、有志の保護者でYear Book Committee的なものが組織され、全校の子供の保護者に、元ネタとなる写真の提供(アップロード)が呼びかけられます。また、個人写真は、Picture Dayなる日が設定され、その日に、プロが撮影したものが使われます(これは、これで、別途販売される)。

日本でいうところの、卒業アルバムならその名の通り、卒業の時だけですが、Year Bookは毎年。
自分の子供が写ってる写真もあるなら、買おうかな、というのが親心であり、Fund Raising(お金集め)がうまいなと思います。

さて、そんなYear Bookの写真を見ていて、気がつくのは、先生も子供も、カメラに向かって、ニーッと歯を見せているということ。一方、日本人の子供達は、ほとんどが口を閉じたまま。

え、ホント?と思った方。「class photo」でググって、画像を見るとよく分かります。

歯は自信を持って見せるもの、という意識があるからこそ、矯正やホワイトニングが非常にポピュラーなんでしょう。

そんなことを考えて、突然腹落ちしたのは、写真を撮る時の、”Say Cheese”の本当の意味。

cheeseをはっきりと、英語らしく発音すると、、、そう、歯が出ます。

でも日本で「はいチーズ」と言っても、口を閉じたまま微笑むか、ピースサインをするかではないでしょうか。

もはや、チーズ全く関係ないっす。

 

**********************************************************
最後まで記事を読んで頂き、ありがとうございます。今後とも、皆さまのご興味、ご関心に沿った記事を書いて行きたいと思っております。
そのリサーチも兼ねておりますので、記事を気に入って頂けたら、下記応援クリックを「ポチッとな」頂けると嬉しいです。By ゆうじ
ロサンゼルスランキング にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ にほんブログ村