これが本当の「のりツッコミ」?

これが本当の「のりツッコミ」?

ロサンゼルスにはお寿司屋さんがたくさんあります。

日本人経営で、日本人の寿司職人が握るお店も沢山ありますし、東アジア系なお店もありますが、総じて美味しいです。

日本人や日系人のみならず、広い意味でのアメリカ人に人気なので、お寿司屋さんの数も多い、ということなのでしょう。

ローカルを意識したお寿司屋さんには、カリフォルニアロールや、スパイシーツナロール、ドラゴンロールなどがメニューにあります。

この海苔が内側に巻いてあって、表面がご飯になっている系のロールたち。

その起源について、海苔にぐるっと巻かれていると、見た目が黒あるいは緑っぽく、アメリカ人に嫌がられる、という背景から誕生した、なんて話を昔、耳にしました。

以前に紹介したYokoという絵本シリーズの、その名も「YOKO」という看板作品にも、Yokoが学校にお寿司を持って行ったら、友達に”Ick! It’s green! It’s seaweed!”とドン引きされるシーンがあります。

しかし、ですよ。海苔って、今もそんなに嫌われているのでしょうか。

私がそう思ったのは、子供の友達(アメリカ人)の誕生会のスナックとして、COSTCOの韓国海苔的な商品が置いてあり、大人も子供も、パリパリ食べていたから。

え!嫌いじゃなかったの?しかも、COSTCOでも売ってるの?

ちょっとした驚きでした。

これですね。我が家にもあります。また、日系とはいえ、アメリカ人でいつも賑わうSUGARFISHでもランチメニューに、黒い海苔で巻いたお寿司が出てきましたが、みんな美味しそうに食べてました。

ということで、日本や韓国の海苔文化(?)が浸透し、もはや違和感は薄れつつあるのかもしれないですね。

 

 

 

**********************************************************
最後まで記事を読んで頂き、ありがとうございます。今後とも、皆さまのご興味、ご関心に沿った記事を書いて行きたいと思っております。
そのリサーチも兼ねておりますので、記事を気に入って頂けたら、下記応援クリックを「ポチッとな」頂けると嬉しいです。By ゆうじ
ロサンゼルスランキング にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ にほんブログ村