Origami教室!

ある日、用事があって下の子のいるプレスクールの教室に行くと、ちょうど先生が子ども達にこんな絵本を読んでいました。

ストーリーには敢えて触れませんが、「折り紙」のことが書かれています。

クラスでは週毎に学びのテーマを設け、先生がそれを意識した絵本を書庫から選んできて教室に置きます。(その他、室内・屋外の遊びや教室の飾り、教材、おもちゃなどもテーマに則したもので統一されます。)

この週のテーマは紙を使ったアート。

先生がこの本を読んでいたのはそのためで、何も日本人の私が来たからとかウチの子がいるからとかでは全くないのですが……日本の文化、折り紙をもっとご紹介しない訳にはいかないでしょ!と頼まれてもいないのに先生に申し出て、後日、「折り紙教室」を開催することとなりました。

初めて折り紙を体験する子がほとんどなので、上の子が日本の幼稚園で一番最初に教わった「犬」をみんなで折ることにしました。

好きな色を選んでもらい、頭を作って、次に胴体。画用紙に貼って顔を描いて完成!

…非常に単純で簡単な折り紙作品ですが、小さい子に英語で…となると大変で、私は汗をかきかきやりましたが、仕上がって喜ぶ様子を見られたことは貴重な体験になりました。

ご存知の方も多いと思いますが、この、アメリカ人の作家、ローズマリー・ウェルスの絵本は大変ポピュラーで、プレスクールやキンダーでは定番です。中でもJapanese のウサギちゃんYokoのシリーズは、我が家の子達も(自分に置き換えているのか?)大好きです。

余談ですが、プレスクールでも小学校でも、親が教室で子ども達に本を読んだり何かを教える、という事が多々あります。時にはプロフェッショナルな楽器の演奏や職業に関連した専門的な講義まで!…私は、というと、そのような才能が悲しいくらい無いので羨ましいなぁ〜と思うばかりです。

**********************************************************
最後まで記事を読んで頂き、ありがとうございます。今後とも、皆さまのご興味、ご関心に沿った記事を書いて行きたいと思っております。
そのリサーチも兼ねておりますので、記事を気に入って頂けたら、下記応援クリックを「ポチッとな」頂けると嬉しいです。By ゆうじ
ロサンゼルスランキング にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ にほんブログ村