意外な発見!重症な唇の荒れ、肌の乾燥によるトラブルに「乳頭ケアクリーム」が絶大な効果!

乾燥した空気にさらされているせいで、子供の頰と唇の荒れがなかなか治らない…

一旦は改善したものの、最近は口周りを舐めるようになり、食事の度に口周りを食べ物で汚したりもするしで…更に悪化してしまいました。

保湿クリームやヒルドイドは口周りに使って舐めてしまうと良くないし…

そこでひらめいたのが、母乳育児の時に活躍した

「乳頭ケアクリーム」です。

日本では

・ピュアレーン

・ランシノー

がポピュラーですよね。私も産科で勧められたのでどちらも使っていました。

乳頭トラブルは、ゆっくり治している暇が無く、すぐに次の授乳タイムになってしまうのですが、これらのクリームは、とても効果があり、助けられました。

それで、CVSで探してみると、こんなのがありました!しかも、日本で見る小さい商品の何倍もある大きさなのに安い!!

 

早速、子供に塗ってあげると

「気持ち良い〜♡」(そのクリームの正体の詳細は敢えて言いませんでした)

他のクリームを塗った時はそんな事は一度も言いませんでした。刺激が無いのですね。

洗顔後、入浴後に塗ってあげると、丸二日で完全に治ってすべすべになりました!!

これには本当に驚きました。

 

インターネットでザッと調べてみると、日本の記事では乳頭ケアクリームの用途は乳頭ケア以外のものが殆ど見つからなかったのですが、アメリカの記事には、「リップケア」「乾燥肌トラブルのケア」への活用が色々書かれていました。

 

ご存知かもしれませんが、ピュアレーンやランシノーは、ラノリン(羊毛を加工する際に羊毛に付着した油脂を集めて精製したもので、100%天然)です。

精製ラノリンは人間の皮膚に近い組織を持つそうで、保湿力が高く、浸透性が良い、さらに吸着力が強く塗ると落ちにくい、口に入っても安心、副作用もない、ということなので、子供にも安全ですよね。(なんと言っても、新生児や乳児の口に入る前提の製品なのですから!)

だいぶ残っているので、今日から私のカサカサかかとと指のささくれに使い始めました。

 

↓こんな商品が簡単に手に入ります。(薬局だと、赤ちゃん用品コーナーの片隅の母乳用パッドなどの近くによく置いてます)

一番小さいサイズで十分だと思います♪お化粧ポーチに入れておくのも良さそうですね。

アメリカでは

Lansinoh

日本では

ピュアレーン

ランシノー

 

余談ですが、似たような効果がある「馬油」の場合、アメリカではほぼ日本からの輸入製品しか無いため、割高です。

馬油は、馬肉加工の際の副産物なので、きっと馬肉を食べる事が無いアメリカでは国産が無いのですね。それでも、「Bayu 」「Horse Oil」はスキンケア、ヘアケア製品として売られていますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

“意外な発見!重症な唇の荒れ、肌の乾燥によるトラブルに「乳頭ケアクリーム」が絶大な効果!” に1件のコメントがあります

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。