IN-N-OUTの秘密(その3):オフィシャルグッツ | カリスマい夫婦の備忘録
IN-N-OUTの秘密(その3):オフィシャルグッツ

IN-N-OUTの秘密(その3):オフィシャルグッツ

どうも、大変ご無沙汰しています。ゆうじです。今回は秘密というか、おまけの話。

アメリカのレストランって、たいした有名店でもないのに、店のロゴ入りのTシャツとかキャップとか、オフィシャルグッツが売っている店が多い気がします。

そこまでお店に惚れ込む人が多いのか、店員と間違えられる以外、何のメリットがあるのか、謎なのですが、IN-N-OUTほどのブランド力があれば話は別です。IN-N-OUTはオフィシャルグッツの店舗を複数構えるほど、人気があります。

もちろん、オンラインストアもあります。

https://shop.in-n-out.com

様々なグッツを売っていますが、気になるのが、あのシンプルなメニュー表をモチーフとしたTシャツ。以下の写真はオンラインストアより。

これを着て、街を歩いていたら、IN-N-OUT好きな人に、指さされて、クスッと笑われる可能性がかなり高そう。日本に帰っても、ネタになるかも。

と考えていたら、かなり欲しくなってきました。LAも大分暑くなってきて、Tシャツの出番も増えそうだし。

ということで、LAでこのTシャツを着た日本人を見たら、それは多分私です。

(余談)

日本のアマゾンで検索したら、なんと、IN-N-OUTのTシャツが売っていました。値段はオフィシャルショップの倍以上するわけですが、メニュー表のデザインは売っていなかったぞ。ウシシ。

**********************************************************
最後まで記事を読んで頂き、ありがとうございます。今後とも、皆さまのご興味、ご関心に沿った記事を書いて行きたいと思っております。
そのリサーチも兼ねておりますので、記事を気に入って頂けたら、下記応援クリックを「ポチッとな」頂けると嬉しいです。By ゆうじ
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村
ロサンゼルスランキング