LAで非常時に備える:防災グッズ編(2)

LAで非常時に備える:防災グッズ編(2)

どうもゆうじです。

先日、West LAのAdventure 16というお店にふらっと入ったら、テント、寝袋、バックパック、キャンプ用のランプや調理器具、アウトドア用ウェア等、幅広い品揃えにテンションが上がりました。まあ、ワタクシ、登山とかキャンプとか本気のアウトドアはしないのですが。

(ご参考:El Captan Canyon万歳

そんな店内でおっ!と思ったのが、防災グッツ売り場。

「その1」で書いたように、この手の商品は中々売っているのを見かけません。

と言っても、販売しているのは、非常食、水、ブランケットとそれらを組み合わせたセットくらいなのですが、前から気になっていたので、今回、一番小さなセットを買ってみました。

その名も” The Ark III “。税込で$19.95。

Arkとはノアの箱船。大洪水のような災害に備えるもの、という意味でしょう。IIIは、Version3ではなく、たぶん、人一人が3日分生きのびるのに必要な水と食品を含んでいることか由来しているのでは、と推測しています。

ちなみに、Arcと聞いて、これを思い浮かべるあなたは、ちょっとしたラルク通ですね。

さて、話を戻して、セットの中身をご紹介。

水:アルミパックに入ったものが6パック。パックは、摂氏−40度から99度の気温変化に耐え、5年間保存が効くとのこと。

Food:真空パックの固いパンのようなもの。摂氏−40度−149度に耐え、9食分計3,600カロリー。

アルミブランケット:日本でもよく見かける防災グッズですね。

以上がセットになって、箱に入っています。

基本的に自宅には水も食べ物も毛布もあるので、このセットは、車に積んでおこうと思います。僻地でパンク、なんて非常事態への備えにもなりますね。

しかし、Foodがどんな味なのかが気になるところ。

カチコチだけど、真空パックを破れば、柔らかくなるのだろうか。コンパクトにカロリーを稼ぐために、相当甘いはず。

と想像が膨らみますが、開けてみるわけにはいきません。そんなことより、賞味期限が切れる5年後まで、これを味わう必要がない事を祈ります。

米国Amazonでも売っていますが、お高いです。


念のため、検索してみたら、日本のAmazonでも売ってました!詳しい日本語説明もあります。

**********************************************************
最後まで記事を読んで頂き、ありがとうございます。今後とも、皆さまのご興味、ご関心に沿った記事を書いて行きたいと思っております。
そのリサーチも兼ねておりますので、記事を気に入って頂けたら、下記応援クリックを「ポチッとな」頂けると嬉しいです。By ゆうじ
ロサンゼルスランキング にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ にほんブログ村