いちご狩りのシーズンです♪(ついでに…いちごを長持ちさせるには!)

ただいま、いちご狩りのシーズンです。カリフォルニアはアメリカでも有数の苺産地。これからOxnardなど幾つかのストロベリー・フェスティバルもあります。

フェスティバルは沢山の人が集まり混雑する、と聞いたので、まずは平和にいちご狩りをしよう!と、友達家族と一緒にアーバインのTanaka Farmに行きました。

30分毎にストロベリー・ツアーがあり、予約無しで参加できます。

トラクターの後ろにつながれたワゴンに乗り込み、広大な野菜畑をのんびり移動します。歩かないので小さなお子さんが一緒でも大丈夫です。ツアーガイドさんがいろいろ説明してくれ、採れたて野菜をいろいろと試食をさせてくれます。

(試食、と言ってもその日はその場で食べきれないほど気前よく配ってくれ、たまたまバッグにあったレジ袋で残した分を持ち帰りましたが、数日分の夕飯に使えそうなほどありました。)

いちご棚に着くと、いちご摘み開始!1人1個のパックを渡されるので、美味しそうなのを選んで持ち帰り用に詰めたり、パクパク頬張ります。

早い時間のツアーに参加するといちごが沢山あって良いと思います!(我々はその日の2回目の10時からのに参加しましたが、時間が遅くなると人出も増えていました)

その後は、敷地内で行われていたエッグハントに参加したり、バギーに乗ったりして遊べます。(有料のチケット制)

日本のいちご狩りと言えば、ビニールハウスの中ですが、こちらは青空の下!アメリカならではの広々とした農園で親子で楽しみました。

因みに、日本でおなじみの「練乳」はありません!…代わりにこんなモノを持参しました。ホイップクリームは、子どもたちに見た目のインパクトはありますが糖分はかなり低いのが良いところです。(ツアーの後、ピクニックエリアで摘んだいちごを食べる時にクリームをかけました♪このホイップクリーム、Costcoで3本6.99ドルでした!)

ツアーガイドさんは「持ち帰ったいちごは洗わず冷蔵庫に入れ、食べる直前に洗う方が痛まない」と教えてくれますが、実はこんな方法で保存すると長持ちするのです!

これを知ってからはお弁当に入れる時や持ち寄りパーティーのときなど、食中毒予防にも効果的!と信じて実践しております。確かに、傷みにくいです。(野菜用洗剤を使うか、洗剤なしでやっています。)

**********************************************************
最後まで記事を読んで頂き、ありがとうございます。今後とも、皆さまのご興味、ご関心に沿った記事を書いて行きたいと思っております。
そのリサーチも兼ねておりますので、記事を気に入って頂けたら、下記応援クリックを「ポチッとな」頂けると嬉しいです。By ゆうじ
ロサンゼルスランキング にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ にほんブログ村