知らなかった!?アメリカでは咳やくしゃみは手のひらではなく肘の内側で覆うのがマナー!

私が手で口を覆ってクシャミをすると、下の子が

「お母さん、そうじゃないよ。(ヒジの内側を口元に当てて)こうだよ!先生が言ってたよ!」

 

上の子も同じ事を言い、いつもそのようにしています。

後で調べてみよう…と思いつつも、そのままでしたが、確かに父母のミーティングの時など、咳やクシャミをした人は「全員」がヒジでした。

病院にもこんな表示が。

欧米など、握手をする習慣があると特にそうですが、手のひらを汚すとそこから色々なところを触れて、衛生的でない上にウイルスも移してしまいますもんね。子供達が学校で指導されていることを親の私が知らず、恥ずかしく思いました。

それからは、すぐにティッシュやハンカチなどが出せる時はそれらで受け、そうでない時はヒジの内側にしています。

マスクをしていると何の心配もないのですが…

「日本以外の国ではマスクは普通の生活ではしない!逆に異様と思われてしまう!」

と、何年も前の1度目の駐在の時に言われ、未だに先進国でも普及していないのはとても不思議です。

余談ですが、12月の山火事の時には学校でマスクが配布されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。