i-shirtで時短

人は、Yシャツのアイロン掛けに人生のどれだけ時間を費やす(あるいは奥さんに費やしてもらっている)のだろうか。または、どれだけのクリーニング代を払うのだろうか。

アイロンをかけるなら、1枚早くても5分掛かるとして、週5日分で25分、1ヶ月で100分、1年間で1,200分=20時間。馬鹿にならない時間です。

海外駐在するとき、大抵はまず自分一人で現地に乗り込むので、とにかく身支度を簡単にできるようにと、ノンアイロンのシャツを色々試しましたが、そのノンアイロンぶりは、正直ピンキリ。

その中でも、ワタクシが大本命と思っているのが、はるやまのi-shirt。

たぶん、素材自体が特殊なので、綿のような天然素材感はないのですが、はっきり言って、自分も他人も違いはわからないし、何より、洗濯して、普通に干すだけで、翌日何の問題なく着れるというのは素晴らしいです。

前に、知り合いが日本から遊びに来てくれた時も、お土産にi-shirt3枚をお願いしてしまった次第。昔は、百貨店とかで小洒落て高いくせに、洗うとしわしわになるYシャツを買ったりしてましたが、もう戻れませんね。

ちなみに、ノンアイロン状態は、相当長く、持続します。1−2年位で買い換えていると思いますが、それはノンアイロンが効かなくなったからではなく、生地の傷みや汚れが落ちにくくなっているから。

全国のアイロン嫌いからの表彰に値し、全国のクリーニング屋からは目の敵にされるような
逸品と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。